よくある質問

機能について
画像データをカルテに貼ることはできるか?
簡易画像管理の機能がございます。スキャナで取込んだ書類や臨床写真等のPDFやJPGデータの貼付けが可能です。
但し、DICOM規格のものをカルテに貼付けることはできません。
入院機能はあるか?
入院用の処方発行は可能ですが、未来のオーダを出すことや看護に特化した機能がございません。
予約機能はあるか?
単純に日時と患者を管理する予約機能をご用意しています。
時間枠の設定や来院目的別の予約機能はございませんので、本格的な予約をご検討されている方は、専門の予約システムの導入をご検討ください。
往診の機能はあるか?
現段階では、紙カルテを持参して頂き、紙カルテをスキャンしてカルテにはるか、医院に戻られてから入力して頂くようお願いしています。
レセコン機能はあるか?
日医標準レセプト(ORCA)と連動をして運用します。
電子カルテ「WINE STYLE」本体は、レセプト機能は有しておりません。
小児の体重量別の処方を行なう場合、自動的に投与量を計算してくれるか?
はい。可能です。
力価での処方はできるか?
可能です。
禁忌薬品のチェック機能はあるか?
患者毎に禁忌薬の登録が可能です。
また併用禁忌薬剤のチェックも行ないます。
診療情報提供書等の書類を作成することはできるか?
可能です。
レイアウトについては先生毎に作成可能です。
また、書類の種類についてもご自身でいくつでも作成することができます。
看護記録はあるか?
看護師の方が記載可能な欄があります。
サマリの作成はできるか?
2号用紙以外にフリーに記入できるページがありますのでそこに記載して頂くことが可能です。
また、2号用紙のキーワードをまとめた「プロブレムリスト」を作成することができます。
病名や薬剤等による検索はできるか?
可能です。
その他、カルテ内の文字検索や、オーダした処置からの検索等も可能です。
カルテを複数枚同時に開くことができるか?
可能です。
カルテは何枚でも同時に開くことが可能です。
労災・自賠責・生保の診療には対応しているか?
レセコン側での対応になります。
電子カルテ側としては問題ありません。
音声入力はできるか?
音声入力ソフトのMac対応版がないため現在のところはできません。
タッチパネルからの入力はできるか?
できません。
ペン入力はできるか?
別売のMacに対応したペンタブレットをお使い頂くことで可能です。

ページトップへ

他システムとの連動について
他社のレセコンを使用しているが、接続できるか?
Claim接続可能なレセコンであれば接続可能です。
現在、実績があるのは日医標準レセプトになります。
Claimの詳細はこちら
他社のレセコン等から患者データを移行できるか?
患者様の基本情報(カルテ番号・氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・保険情報等)は移行可能です。
処方や処置・カルテ内容は移行できません。
病名や検査結果等については別途ご相談下さい。
検査結果の取り込みは可能か?
可能です。
結果データはフロッピーディスク・USBフラッシュメモリなどにいれた形での報告となります。
各検査会社様によって異なります。
現在以下の検査会社と実績がございます。
これ以外の検査会社とも打ち合わせ等により接続可能ですのでお問い合わせ下さい。
実績のある検査会社様
  • 財団法人秋田県総合保健事業団
  • 財団法人秋田県総合保健事業団
  • 株式会社 アルプ
  • 夷隅長生臨床検査センター
  • 株式会社エスアールエル
  • 株式会社愛媛メディカルラボラトリー
  • 株式会社大阪血清微生物研究所
  • 鹿児島市医師会臨床検査センター
  • 鹿児島臨床検査センター
  • 社団法人刈谷市医師会臨床検査センター
  • 社団法人北九州市小倉医師会 北九州中央臨床検査センター
  • 株式会社キューリン
  • 株式会社協同医学研究所
  • 社団法人京都微生物研究所
  • 株式会社近畿予防医学研究所
  • 熊本市医師会検査センター
  • 株式会社クリニカルパソロジーラボラトリー
  • 有限会社久留米臨床検査センター
  • 株式会社血液研究所
  • 株式会社江東微生物研究所
  • 佐賀県医師会成人病予防センター
  • 株式会社サンリツ
  • 株式会社シー・アール・シー
  • 株式会社四国中検
  • 株式会社 昭和メディカル
  • 株式会社第一臨床検査センター
  • 株式会社ツチヤ・エンタプライズ
  • 株式会社東京公衆衛生研究所
  • 株式会社道東臨床検査センター 岸本医科学研究所
  • 株式会社新潟臨床検査センター
  • 株式会社日本医学臨床検査研究所
  • 株式会社ビー・エム・エル
  • 株式会社ファルコバイオシステムズ
  • 株式会社ファルコバイオシステムズ飛騨
  • 福岡市医師会臨床検査センター
  • 株式会社福山臨床検査センター
  • 株式会社保健科学研究所
  • 株式会社保健科学東日本
  • 社団法人宮城県医師会 宮城県医師会健康センター
  • 社団法人都城市北諸県群医師会 都城健康サービスセンター
  • 三菱化学メディエンス株式会社
  • 株式会社メディカルシステム研究所
  • 株式会社メディック
  • 若松臨床検査研究所
  • 株式会社和歌山医化学研究所
  • 社団法人和歌山市医師会成人病センター
  • (五十音順)
画像システムとは連動できるか?
DICOM画像のファイリングシステムとの連動が可能です。
接続内容等は各システムにより異なりますのでお問い合わせ下さい。

* 場合により別途カスタマイズ費用が発生する可能性があります。
画像システムとの連動の詳細はこちら
予約システムとの連動はできるか?
別途カスタマイズにて実現可能です。詳細についてはお問い合わせ下さい。

ただし、日医標準レセプト(ORCA)と連動して使用する場合、受付業務はORCAで行います。
予約システムは電子カルテ「WINE STYLE」ではなくORCAと連動した方が便利です。
ORCAと予約システムとの連動については各ORCAベンダーにお問い合わせ下さい。
診察用パソコンに他のアプリケーション(マイクロソフトオフィス、Osirix等)をインストールすることはできるか?
可能です。

ページトップへ

導入について
対応している診療科を知りたい。
歯科以外の全ての診療科に対応しています。
試用版はあるか?
申し訳ありません。試用版はご用意しておりません。
デモにお伺いした際に操作して頂くことは可能です。
デモを見るにはどうしたらよいか?
お問い合わせフォームにてご連絡下さい。
担当者よりご連絡させて頂きます。
また、各展示会にも参加しておりますので、そちらでご覧頂くことも可能です。
詳細についてはこちらをご覧下さい。
お問い合わせフォームはこちら
各展示会の詳細はこちら
手持ちのMacは使えるか?
MacOSX10.7以上であれば使用可能です。
Wi-Fiでの接続はできるか?
使用可能です。但し、サーバや診察室など要となる機器については有線でのご利用をお願いしております。
導入費用について知りたい。
こちらをご覧下さい。
導入費用について
リースは可能か?
可能です。
機器のことはよくわからないので、自分で決められないが大丈夫か?
使用する機器の種類等については、設置スペースや使用用途などを考慮の上、当社よりご提案させていただきます。
講習は誰がうければよいか?
医師が講習を受けてください。カルテ入力を医療秘書が行なう場合は一緒に講習を受けてください。
納品されたらすぐに使えるか?
導入講習は3日間が標準となっています。
1回の講習時間は平均6時間程度になります。午後休診時などを利用して、講習を行ないます。
新規開業の方も開業準備に忙しいとは思いますが、電子カルテの講習用にまとまった時間を必ず確保いただけますようお願い致します。
他社の電子カルテを利用している。カルテデータの移行は可能か?
電子カルテ「WINE STYLE」はMML(Medical Markup Langage)という医療情報の標準規格に対応しています。
使用しているメーカにMMLフォーマットでのデータ出力が可能かを確認してください。
尚、氏名、住所などの患者様基本情報や病名の移行についてはMMLフォーマットでなくても移行が可能です。
(移行できないメーカもございますので、詳細はお問い合わせください。)

ページトップへ

サポートについて
メンテナンス内容を知りたい。
●プログラムのバージョンアップ
●マスター(薬剤・病名・診療行為等)等の提供
●電話・FAX・Emailによるメンテナンス
●ADSLまたは光回線を利用したVPN接続によるリモートメンテナンスとなります。
詳細はサポートのページをご覧ください。
試用版はあるか?
申し訳ありません。試用版はご用意しておりません。
デモにお伺いした際に操作して頂くことは可能です。
メーリングリストはあるか?
ございます。
ユーザさん同士でのコミュニケーションが可能です。

ページトップへ

  • 電子カルテ「WINE STYLE」デモをご覧ください。デモをみる
  • 製品のお問い合わせはこちら 資料請求・デモンストレーションのお申込み・お問合わせ